セル1 セル2

iPhone修理の中で最も多いのがガラス割れ修理です。 iPhoneの液晶ディスプレイ画面は表面部分がガラス、ガラスの下に液晶パネルが付いています。 落としてしまったりぶつけてしまったりと、ガラス面が衝撃を受けて割れてしまったり、ヒビが入って破損している状態です。 

iPhoneの構造上、ガラス面が割れたりヒビが入ってしまっても、タッチ操作は普通に使える場合が多く、ガラスが割れていてもそのまま使用してる方も多々見受けられます。

 

しかし使用は出来ていても、ガラスが割れたまま使い続けると、割れた個所から徐々に損傷が広がり、どんどん悪化してしまう可能性が高いです。 また、割れた個所からゴミが入ってしまったり、雨などが入ってしまい水没してしまう等、最悪中の基板が故障してしまい、修理自体が難しくなってしまう事もあります。 割れたままの使用は破片で怪我をしてしまう恐れもあり、大変危険です。

 

最近はiPhoneをはじめとしたスマートフォンのデザインが、本体ギリギリの部分まで画面があるものが増えて、それだけ画面の占める部分が多い為に本体に受けた衝撃がダイレクトに画面のガラス部分まで伝わり割れてしまうことが多いです。

また、「ガラスが割れただけで問題なく使えているから」と使用を続けると、ある日突然不具合が発生し、全く電源が入らなくなった……等、

ガラス割れ以上に状態が悪化してしまう可能性も十分にあります。

 

取り返しのつかない状態になってしまう前に、なるべく早い段階で修理をしてあげる事をオススメしております。

 

ガラス割れ修理は比較的短時間で行える修理ですので、モバイルレンジャーiFCいわき鹿島店へお気軽にお尋ねくださいませ!

iPhoneの画面にカラフルな線が入っていたり、見慣れない模様やシミが出ている場合は液晶故障の可能性があります。

 

落下などの衝撃による物損のケースが多く、ガラス割れ+液晶も故障してしまう事がほとんどですが、

背面から落としてしまったりカバン等にいれて圧迫された場合は、ガラスが割れずに液晶が故障してしまう事があります。

 

少し線が入っている、少し見辛い程度の故障でも放置していると、画面が全く映らなくなり真っ暗になってしまう可能性があります。

 

画面が映らなければ全く操作も出来ませんので、お早目の修理をお勧め致します。

iPhoneの液晶は、ガラス面―タッチパネル―液晶という構造になっています。

 

強い衝撃等により、ガラス面が割れ、更に液晶部分まで故障してまうケースが大半です。

 

「ガラスが割れていても使えるからそのまま使用していたら、割れたガラス片等の影響で液晶にまで影響が出てしまった」という事例を何度も確認しておりますので、なるべく早めに修理にお持ち込み頂く事をお勧めいたします。

 

「ガラスには何の問題もないのにタッチ不良だけ起こしてしまった」というケースもあります。

 

この場合も、液晶修理とりますので、修理をお勧め致します。

ケースや保護フィルムで綺麗に大切に使っていても、使えば使うほど、バッテリーは消耗してしまいます。

 

  • 充電をしているにもかかわらずバッテリーの残量が増えない
    (ソフトウェアの再起動やiPhoneの復元を行っても改善されない場合は、バッテリー不良の可能性が高いです)
  • 使用していない時に急速に残量が減って行く
  • 通常使用中にバッテリーの残量が有るのに突然、電源が落ちる
  • iPhoneの充電中に本体がとても熱くなる
  • バッテリーの膨張のためにディスプレイのガラスが浮いてくる

iPhoneのバッテリーはリチウムイオンバッテリーとなっており、充電回数が多くなればなるほど劣化し、使用環境の影響を大きく受けます。

 

バッテリーが劣化すると徐々に充電できる容量が少なくなって最終的には充電が出来なくなります。

 

一般的には約500回の充電で新品時の50~70%程度まで劣化するといわれています。

 

毎日充電すると2年程度でバッテリーの性能も50~70%程度まで劣化すると言えます。

 

使用状況や頻度にもよりますが2年程度iPhoneを使用していて充電がすぐなくなると感じるようになったらバッテリーの劣化が主な原因なのでバッテリーの交換時期と言えます。

 

iPhoneに内蔵されているバッテリーの状態を知ることができるバッテリー診断アプリを使用することで調べる事も出来ます。

💛
バッテリー消耗を抑える方法

「リチウムイオンバッテリー」は、充電を繰り返すごとに劣化していきます。一旦、劣化したバッテリーを新品のように復活させることはできません。

 

使い始めてから1年程度であればバッテリーの寿命とは考えられないので、iPhoneの使い方や設定を見直すことでバッテリーの消費量の改善を期待することができます。

 

iPhoneの中で一番バッテリーを消耗させるのは液晶画面の表示(明るさ)です。
iPhoneの使用中は常に電力を消費しているので、ディスプレイの明るさを落とす事でバッテリー駆動時間が伸びる場合があります。

 

現状で70〜90%程の明るさで使っていた場合、30〜40%程に落とせば、連続使用時間の向上が期待できます。
明るさを落とした場合は多少の見づらさを感じることもあるので、見やすい明るさに設定することが大切です。

 

iPhoneは年々高機能化しており、使用頻度が低いものを含め便利な機能がたくさんあります。

 

たくさんの機能が入っていることで電力消費が増えてしまい、iPhoneの稼働時間を縮めてしまっているため必要な機能と不要な機能を見直しましょう。

 

リチウムイオン電池にとって一番の大敵は「過充電」と「過放電」。
過充電とは長い間残量100%に近い状態で使ったり放置すること、その逆が過放電で0%に近い状態で放置することです。

 

過充電と過放電は絶対に避けましょう。

 

海やプールといったサマーバケーション特有の原因や、洗濯機やトイレでの失敗はもちろんのこと、真冬に起きやすい結露も水没原因のひとつです。

 

雨や漏水等、年中起きる可能性のあるハプニングもあり、水没の恐怖はすぐ近くに潜んでいます。

まずは「常に持ち歩かないこと」!お風呂やプールではどれだけ対策を施しても水没する可能性が非常に高く危険です!

他にも洗濯をする前に衣服を確認することなど、日常生活で少し気を付けるだけで防げる水没もあります。


修理後の動作確認も含め、最速で30分~1時間程度から承っております。

また、店頭の混雑状況や在庫状況、修理する端末の本体が歪んでしまっているなどの場合は、更にお時間を戴く場合がございます。

修理持ち込みの際は、予めご来店いただく店舗へお問い合わせください。

 

※水没修理は他の修理とは少し違い、お時間がかかります。

端末の故障状況次第で変動いたしますので

修理持ち込みの際は、予めご来店いただく店舗へお問い合わせください。


iPhone修理ifc  エックスモバイル取り扱い店

モバイルレンジャーifcいわき鹿島店(メガネ・補聴器の内山 鹿島店内)

0246-68-7676